3417333

旅行

電車好き集まれ!機関車トーマスに会いに静岡県大井川鉄道へGO!

子供たちに大人気のきかんしゃトーマス。そのトーマスと仲間たちに会える場所が日本にあるのを知っていますか?静岡県の大井川鉄道が2014年夏から期間限定で運行開始したトーマス号が本物そっくりで子供たちに大人気。夏休み前後の運行期間中はチケットが完売するほどの人気ぶりです。
その大人気のトーマス号について紹介していきましょう。

大井川鉄道はどこをはしってるの?

大井川鉄道は静岡県を走る鉄道で、本線は島田市にある新金谷(しんかなや)から川根本町にある千頭(せんず)間を運行、井川線は千頭(せんず)から井川間を運行しています。
大井川鉄道は1976年からSLの運行を開始、2014年に人気キャラクターきかんしゃトーマスの運行を開始。翌年2015年夏にジェームス号、2016年夏にバスのバーティーも運行を開始しました。今では鉄道ファンだけでなく、電車好きの子供やママ達の人気のスポットとして注目されています。

トーマス号の運行情報

*2017年の運行情報です。

運転日

2017(平成29)年6月17日(土)~10月9日(月・祝) のべ76日間(180便)
※開催期間中でも運転しない日があります。

運転本数

きかんしゃトーマス号 65日130本
きかんしゃジェームス号25日50本
合計180本

運転区間

新金谷駅⇔千頭駅 片道37.2km

運転時刻

【トーマス号またはジェームス号のどちらかが運転する日】
(往路)新金谷駅発 10時38分 → 千頭駅着 11時54分

(復路)千頭駅発 14時10分 → 新金谷駅着 15時27分

【トーマス号とジェームス号が両方運転する日】
《ジェームス号》

(往路)新金谷駅発 10時00分発 → 千頭駅着 11時13分
(復路)千頭駅発 13時39分 → 新金谷駅着 14時53分

《トーマス号》
(往路)新金谷駅発 10時38分 → 千頭駅着 11時54分
(復路)千頭駅発 14時10分 → 新金谷駅着 15時27分

乗車運賃

大人1名片道:3,000円
小人1名片道:1,500円
※乗車記念グッズ付き

トーマス号の楽しみ方

 トーマスフェア

期間中、千頭駅ではヒロとパーシーがトーマス号(ジェームス号運行日は ジェームス号)の到着を待っています。
トーマス号の千頭駅到着後は、なかまたちが集合する 記念撮影のチャンス。ほかにもラスティーの遊覧貨車やいたずら貨車・いじわる貨車など、トーマスとなかまたちが活躍するいろんなアトラクションが楽しめます。

車両整備工場見学

きかんしゃトーマス号・ジェームス号の運転日は新金谷駅の車両整備工場を見学できます。トーマス号や ジェームス号がしゅっぱつ前に準備する光景や、一日のしごとを終えて車両整備工場に戻ってくる姿など、きかんしゃが働く姿を間近で見ることができます。

見学料 小学生以上500円(記念缶バッジ付き)

トーマス号やジェームス号の目の前まで近づいての記念撮影ができるのもこの見学スポットならでは。そして「バスのバーティー」が出発前と帰ってきた後に停留するのもこの「新金谷車両整備工場」の敷地内。さらに、新金谷駅には「転車台」があり、転車の様子を見たり普段は入れない転車台の中にも入ることができます。

お弁当・記念グッズ

037_21

新金谷駅出発のSLに乗ると、SLにゆられながらお昼の時間を車内で 過ごすことができます。大人気のきかんしゃトーマス弁当や 、大井川周辺の食材を使った昔ながらの幕の内弁当など でランチタイムはいかかでしょうか。お弁当は事前に予約も可能です。車内販売やおみやげは限定グッズもあり、旅の記念に人気です。

クリスマス特別運転

クリスマス期間7日間だけの特別なイベントが2017年も開催決定しました。千頭駅では「トーマスフェア」を開催。人気キャラクターの「パーシー」「ヒロ」のほか、遊覧運転で活躍する「ラスティー」、また「いじわる貨車」「いたずら貨車」の姿にもご注目。トーマスとなかまたちはクリスマス時期だけの特別な衣装になります。

運転日

2017(平成29)年12月16日(土)、17日(日)、18日(月)、22日(金)、23日(土・祝)、24日(日)、25日(月)

運転時刻

<きかんしゃトーマス号>
(往路)新金谷駅発 10時38分 → 千頭駅着 11時54分 (復路)千頭駅発 14時10分 → 新金谷駅着 15時27分
<きかんしゃジェームス号>

(往路)新金谷駅発 10時00分発 → 千頭駅着 11時13分 (復路)千頭駅発 13時39分 → 新金谷駅着 14時53分

乗車料金

大人1名片道:3,000円/小人1名片道:1,500円
今年はどんな姿を見せてくれるか楽しみですね。
是非トーマスと仲間たちに会いに大井川鉄道に訪れてみましょう!

ARCHIVE

PAGE TOP