3417333

子供の病気

水痘ワクチンはいつから接種すべき?効果から接種スケジュールまで詳しく解説!

平成26年10月から定期接種になった「水痘(水ぼうそう)ワクチン」についてご存じでしょうか? 今回は、水痘(水ぼうそう)について、原因となるヘルペスウイルスについてや予防接種の詳細、費用について解説します。 水痘ウイルスは、大人になってから帯状疱疹という病気を引き起こすウイルスであることも知られています。 ここでは水痘と帯状疱疹との関係や、大人の予防接種についても説明していきましょう。

水痘ワクチンについて

水痘とは

水痘は「水ぼうそう」とも呼ばれ、水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって引き起こされる感染症です。
感染力が強く、5歳までに約80パーセントの子どもが罹ると言われています。
感染すると潜伏期を経て発熱し、全身に小さな赤い発疹(ほっしん)や水ぶくれができます。
一度かかると免疫ができるため、通常は二度とかかることはありません。
ただし、治った後もウイルスは体の中に潜伏していて、数十年後に何らかのきっかけにより、「帯状疱疹」として再発することがあります。

主に空気感染で、10~20日の潜伏期間ののち発疹、発熱の症状が起きます。
一般に軽症で済みますが、場合によっては重症化することもあります。

子どもとは異なり、大人が水痘にかかると重症になる場合があります。
発疹が全身を埋め尽くすように出たり、高熱が1週間~10日ほど続く場合があります。
食事をとることができずに体力も消耗するため、入院して治療を行うこともあります。

子供も大人も水痘の予防には水痘ワクチンの接種が有効とされています。

水痘ワクチンの接種対象年齢及び接種回数・間隔

いつから

生後12月から36月に至るまでの間にある者
(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)

※すでに水痘にかかったことがある場合は、接種の必要はありません。

スケジュール、間隔

≪接種間隔≫

3ヵ月月以上の間隔をおいて2回接種

≪標準のスケジュール≫

初回接種:生後12月から15月に至るまでの間
追加接種:初回接種終了後、6月から12月に至るまでの間隔をおく

小児の定期接種・料金

平成26年10月1日より水痘(水ぼうそう)ワクチンの予防接種が、今までの任意接種から定期予防接種に移行され、接種対象者は公費(無料)での接種ができるようになりました。

過去に水痘ワクチンを1回接種している子どもは2回目の接種が無料でできます。
この場合は 3ヶ月以上間を空けましょう。
また、過去に水痘に罹った子どもは接種対象にはなりません。

ワクチンの効果

水痘の予防接種で使用するワクチンは、毒性を弱めた水痘ウイルスを使った生ワクチンです。

水痘ワクチンを接種すると、90%以上の人は水痘ウイルスに対する免疫ができます。
ただ1回接種しても、15〜20%くらいの方は水痘を発症する可能性があります。
しかしこの場合でも、多くは自然感染した場合の症状に比べて軽くすみ、重い合併症などにかかる危険は低くなります。

また、水痘にかかっている人と接触してから72時間以内にワクチンを接種すると、発症の防止、症状の軽症化が期待できます。
ただし、水痘は発疹が出始める1〜2日前から感染力があるといわれていますので、接触した時期がはっきり判らず、効果が得られない場合もあります。

副作用

水痘ワクチンの副作用はほとんどありません。
まれに、接種14~30日後くらいに発熱、水痘様発疹がみられることがあります。

水痘ワクチンは、麻疹や風疹など他のワクチンに比べて有効率がやや低いので(70〜80%くらいです)、“ワクチン接種はしたけれどもかかってしまった”ということが時々あります。
その場合でも、ほとんどは跡も目立たないほど症状が軽くてすみます。

また、流行期にワクチン接種を受けると、ワクチンの効果が出る前にかかってしまうことがあります。

成人の接種について

任意接種・2回接種が基本

成人でも水痘罹患歴やワクチン接種歴のない感受性者であれば、水痘に罹る可能性があります。
また成人での感染は重症化しやすいことから、ワクチンによる予防が重要です。
過去の罹患歴や接種歴が曖昧な場合にも、ワクチン接種が推奨されます。

成人における接種回数や接種間隔を示したものはありませんが、日本環境感染学会から「医療関係者のためのワクチンガイドライン 第2版」が公表されています。
ここでは、医療関係者が発症すると、重症化の可能性のみならず、周りの患者や医療関係者への感染源となることから、免疫を獲得した上で実習・勤務を開始することを原則とすることが推奨されています。

また、麻疹・風疹・おたふくかぜ・水痘のワクチンについては、ワクチンにより免疫を獲得する場合の接種回数は1歳以上で「2回」が原則としています。

罹患歴の有無に関わらず、過去に出来た水疱瘡に対する免疫は20数年で弱まることがあるようなので、20年毎の予防接種をお薦めします。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 子供の感染症 溶連菌感染症ってなに?
  2. 子供のヘルパンギーナ。喉が痛い時に食べやすい食事のレシピを紹介!…
  3. 今年も大流行の兆し!子どもの3大夏風邪の特徴と予防法は?
  4. ヒアリ(火蟻)に注意!もし子供が刺されたら
  5. 夏風邪の代表!手足口病とは
  6. 水いぼの治療に困っていませんか?水いぼとは
  7. 子どもにおこる食物アレルギーについて。蕁麻疹の特徴と効果的な対処…
  8. 転落・転倒で 子供 に多い肘の 骨折 その種類と対処法とは

ARCHIVE

PAGE TOP