3417333

子供の病気

梅雨明け後の暑い夏に要注意!熱中症の症状と対策

熱中症は7月、8月に多く発症します。特に梅雨明けをした後の気温が高い日には、救急搬送が増加する傾向にあり、最も注意が必要といわれています。

子供は体温調整が未熟で熱中症に罹りやすく、特に乳幼児は体調の変化を言葉でうまく表現できないので、重症になってから気づくことも多く注意が必要です。

では、熱中症を予防するためにはどのような対策をとればよいのでしょうか?

ここでは熱中症について詳しく解説していきましょう。

 

熱中症の症状

暑い夜に快適に寝ている子供

熱中症という呼び名は暑さによって引き起こされる体調不良の総称です。

症状としては、以下がみられます

  • 体温の上昇
  • 大量の汗
  • 顔が真っ赤になる
  • 顔が真っ青になる
  • 筋肉痛
  • 手足のつり
  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • ぼんやりとする・おかしなことを言う
  • ふらつき
  • 意識障害

 

熱中症の症状の中でも、脱水症状のサインは危険なので見逃さないようにしましょう。

脱水症状のサイン

  • おしっこの回数が減る・うんちが硬くなる
  • 唇や口の中が乾燥する
  • あやしてもぐずるなど不機嫌
  • 目がくぼむ・視線が定まらない・ぼんやりする
  • 汗や涙が出なくなる
  • 皮膚にハリがなくなる

おしゃべりができない赤ちゃんは、特に気付きにくく危険です。

おしっこの量や回数に注意し、おかしいと感じたらすぐに対処しましょう。

 

熱中症の対処

熱中症や脱水だと感じたら、すぐに対処する必要があります。

まず意識を確認し、水が飲めるかどうかをチェックしましょう。

意識がもうろうとしていたり、自分で水が飲めない状態・応急処置の効果が出ない場合はすぐに医療機関に連れていくか救急車を呼びましょう。

 

熱中症かなと思ったらとる行動

  1. 涼しい場所に運ぶ
  2. 経口補水液や0.9%の生理食塩水・イオン飲料を飲ませる
  3. 衣服をゆるめて寝かせる
  4. 首筋やわきの下・足の付け根など、太い血管が通る場所を氷で冷やす

真夏だけじゃない!梅雨の晴れ間や初夏も要注意

熱中症は夏の暑い時期にだけ起きるものだと思っていませんか。

確かに7月の中旬から8月にかけての猛暑の時期は最も危険で、救急搬送されたり、亡くなる人がぐんと増えるのも猛暑・酷暑を記録した日が多くなっています。

しかし、それ以外にも熱中症は起こります。

特に注意が必要なのは、体が暑さになれていない梅雨時から初夏にかけてです。理由は人は少しずつ暑さに慣れていくのですが、梅雨時などはまだまだ慣れていません。

そんなとき梅雨の晴れ間や梅雨明けでいきなり30度を超えたりすると、体が参ってしまうのが原因で熱中症に罹りやすくなります。

 

熱中症に特に注意すべきなのは、「気温が30度以上ある」「湿度が70%を超えている」「風が弱い・ない」ときです。

35度を超えるような日差しの強い日はもちろん、そうではなくても湿度が高かったり、風が弱い日は注意しましょう。

 

やっておきたい熱中症予防策!

熱中症を防ぐためには、生活の中で気を付けたいポイントもあります。

  1. 水分・塩分を補給する
  2. 朝ごはんをしっかり食べさせる
  3. 夜は早めに寝かせる
  4. 自動車に乗せる前に温度を下げる
  5. 部屋が暑いと感じたら無理をせずエアコンで室温を調整する
  6. 野外では帽子・帽子用の後頭部シェード、濡らすと冷たくなる素材&保冷材入れがついたグッズ等を活用しましょう

 

関連記事

  1. 夏風邪の代表!手足口病とは
  2. 転落・転倒で 子供 に多い肘の 骨折 その種類と対処法とは
  3. 水痘ワクチンはいつから接種すべき?効果から接種スケジュールまで詳…
  4. 子供の感染症 溶連菌感染症ってなに?
  5. 子どもにおこる食物アレルギーについて。蕁麻疹の特徴と効果的な対処…
  6. ヒアリ(火蟻)に注意!もし子供が刺されたら
  7. 水いぼの治療に困っていませんか?水いぼとは
  8. 今年も大流行の兆し!子どもの3大夏風邪の特徴と予防法は?

ARCHIVE

PAGE TOP