3417333

ヨガ

心身共に健康に!近年注目のキッズヨガとは

子供の運動能力の低下が問題になっている近年、子どもたちが元気に、健康で子どもらしく過ごしていけるように、生活にヨガを取り入れることが注目されてきています。公園などでの外遊び、自然と触れ合う遊びの減少、いじめ、不登校、食生活や生活習慣の乱れなど、子どもを取り巻く環境は悪化しています。

そのような環境のなか、仲間との楽しいコミュニケーションをとりながら、体を動かし、感受性、知覚、理解力、判断力、創造力などを強化させることにヨガが大変役立つと考えられています。ここではキッズヨガの特徴と効果について解説します。

キッズヨガとは

キッズヨガは、呼吸と動き、リラクゼーションに意識を向けながら、子どもの心身のバランス良い発育、成長サポートのためにアメリカで開発されたプログラムを基にしているクラスが多く、子どもの集中力と柔軟性を養い、豊かな心を養うことを目的としています。呼吸法やポーズを練習することで体幹を鍛え、集中力やバランス感覚を養い、たくまくしなやかな心と身体をつくります。

キッズヨガの特徴と効果

ゲームなどレクリエーション的な要素を取り入れて、独創的なポーズを考案させるなど、遊び感覚でヨガのポーズを行うことで、創造力の強化にもつながります。大人がするヨガでは主にサンスクリット語でポーズを説明される場合が多いですが、キッズヨガの場合はそのポーズを動物に例えたり、自然の中にあるものに例えたりして子供に馴染みやすくアレンジされています。

子どものうちから正しく身体を使っていくことは、筋肉をつくり、内臓の働きを正常にし、神経を育てます。ヨガは正しい方向へ身体を動かしていきます。きつい筋トレのようなものではありません。コアの筋肉を鍛え柔軟にし、骨を強くし、バランス感覚を向上させ、正しい姿勢の矯正などにも効果的な運動です。

さらに子供のためのヨガを楽しいプログラムとして行なうことで子供は効率的に運動効果を上げ、神経を発達させます。キッズヨガの効果をまとめると

1.柔軟性の向上 けがをしにくい体力づくり
2.姿勢改善 肩こり、腰痛、偏頭痛などの改善
3.バランス感覚向上 運動神経向上 ゆがみを矯正

子供の姿勢とヨガ

寝転んでテレビをみたり、猫背でゲームをしたり、子供の姿勢の悪さが目立ってきています。悪い姿勢を続けるということは子供達にとって重大な問題を引き起こす可能性が大きくなります。猫背の状態だと肺が圧迫され呼吸が浅くなります。呼吸が浅いというのは一度に息を吸い込む量が少ないということです。

呼吸が浅くなると…。

  • 交感神経が優位になり苛立ちを抑えられなくなる脳や自立神経に悪影響を及ぼす
  • 酸素不足に陥りやすくストレスが増幅する
  • 眠っていても疲れがとれにくくなる

代謝がおち、老廃物がたまりやすくなる本来、子供は動くと自然に腹式呼吸を大人より上手にすることができます。キッズヨガでは楽しくポーズをとりながら深く呼吸し、体を伸ばしたり支えたりしながら、体の深い部分にある筋肉を鍛えていきます。筋肉が鍛えられると自然に正しい姿勢を維持できるようになっていきます。ヨガのポーズや動きに合わせて深い呼吸をすることで、子供達の心も体も健康になっていきます。

 親子ヨガ

shutterstock_309891104

ヨガは親子で楽しめます。運動不足に悩んでいるママやパパは、親子で一緒にキッズヨガを始めてみてはいかがでしょうか。呼吸法やポーズを学び、家でも一緒にできるようになれば、親子のコミュニケーションを深めることにもつながります。大人のヨガスタジオでもキッズヨガのクラスを開講しているところが増えています。お近くのスタジオをのぞいてみてくださいね。またキッズヨガのDVDも書店で販売されています。自宅でお子さんと一緒に楽しくヨガをはじめてみましょう。

はじめよう!キッズ・ヨーガ親子で楽しいヨーガ遊び 0912-1

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. プログラミングを学ぼう!プログラミングはなぜ必要?
  2. 教育・家族
  3. 園選びの参考に!認定こども園とは?
  4. 今話題のモンテッソーリー教育とは?
  5. 趣味

ARCHIVE

PAGE TOP