3417333

子供の病気

夏風邪の代表!手足口病とは

夏風邪の一種である手足口病は毎年6~8月にかけて流行し、7月後半にピークを迎えます。

5歳以下の乳幼児が罹患しやすいと言われていますが、大人にも感染する病気です。

予防するためにはどうすればいいのでしょうか。ここでは手足口病についてお話しましょう。

手足口病とは?

 

手足口病は、ウイルスの感染によって口の中や手足に水泡ができる病気です。

原因となるのは主に、コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)というウイルスです。

ウイルスに感染すると、感染後3~6日の潜伏期間のあと、発症します。まず38度代の発熱がいきなりあります。

その後、手足の発疹が見られたり、赤ちゃんの場合は、よだれ、口内炎や食欲低下があります。

2~3日発熱が続き、発症から3~4日で発疹の水泡が吸収されアメ色になり、5~6日経つころには症状が軽くなるでしょう。

まれに髄膜炎、脳炎、心筋炎等の合併症で高熱が持続する場合があるので、注意が必要です。

感染経路

手足口病の感染経路は、飛沫感染・接触感染・糞口感染の3つです。

飛沫感染

咳やくしゃみによって感染します。

接触感染

皮膚や粘膜の直接的な接触や、ドアノブ・手すり・便座・おもちゃなどの表面を介して病原体が付着し、感染します。

糞口感染

患者の便の中に排泄されたウイルスが、口の中に入って感染することです。便自体だけでなく、便によって汚染されたものを触った手で口を触ることで感染します。

手足口病では回復後も口【呼吸器】から1~2週間、便から2~4週間にわたってウイルスが排出されます。

もしも感染してしまった場合は、症状がおさまった後も周囲にうつさないように気をつけましょう。感染のピークは、解熱してから24時間程度と考えられます。

治療法

手足口病の特効薬はないため、対処療法を行います。基本的に自然治癒する疾患なので、特別な治療は必要ありませんが、発熱が高い場合には解熱鎮痛剤、かゆみが強い場合には、抗ヒスタミン剤が処方されることがあります。

予防方法は?

手洗いうがいを徹底しよう

まずは、手洗い・うがいをきちんと行いましょう。

帰宅後と食事の前、トイレの後には、必ず石鹸と流水で手を洗います。接触感染の原因となるので、タオルの共有はしないようにしましょう。

排泄物の処理は適切に

トイレやおむつ交換を行う時にも注意が必要です。おむつを交換したら、中の便が飛び散らないように速やかに包み込み、ビニール袋に入れます。

交換が終わったら、必ず手を洗いましょう。いくつかのおむつを連続で交換する時には、1人の処理が終わるごとに手を洗いましょう。

集団生活での注意点

手足口病は、学校や保育園・幼稚園を休まなければいけない感染症には指定されていません。

そのため、感染を防ぐために学校などを欠席するというよりは、本人の様子を見て、症状が落ち着いたら登校・登園して問題ありません。

目安としては、解熱して24時間が経過しており、発疹が拡大傾向でないことです。園によって対応が違う場合があるので、確認してから登園するようにしましょう。

感染拡大を最小限に防ぐためにも、集団生活の中では大人も子供も手洗い・うがい、排泄物の処理を徹底して行うことが大切です。

小さな注意の積み重ねで、ご自分とお子さんの健康をしっかりと守りましょう!

 

関連記事

  1. 水いぼの治療に困っていませんか?水いぼとは
  2. 子供のヘルパンギーナ。喉が痛い時に食べやすい食事のレシピを紹介!…
  3. 子どもにおこる食物アレルギーについて。蕁麻疹の特徴と効果的な対処…
  4. 今年も大流行の兆し!子どもの3大夏風邪の特徴と予防法は?
  5. 梅雨明け後の暑い夏に要注意!熱中症の症状と対策
  6. 水痘ワクチンはいつから接種すべき?効果から接種スケジュールまで詳…
  7. ヒアリ(火蟻)に注意!もし子供が刺されたら
  8. ノロウイルスを知ろう!ノロウイルス感染と予防法とは

ARCHIVE

PAGE TOP