3417333

教育・家族

園選びの参考に!認定こども園とは?

平成27年4月から新しい「子ども・子育て支援制度」がスタートしました。その支援策の1つに「認定こども園」への移行の促進があり、徐々に認定こども園の数も増えつつあります。

保育園・幼稚園を選ぶ際に認定こども園はどんなメリット・デメリットがあり、どんなひとが入れるのでしょうか。

ここでは認定こども園について詳しく解説していきましょう。

 

認定こども園とは

加工後shutterstock_243207280

 

認定こども園とは、幼稚園と保育園の機能を持ち合わせた施設です。保育と教育を一体的に行い、質の高い幼児教育を目指しています。

ここで「質の高い」と聞くと、英語教育や受験対策などを思い浮かる人も多くいると思いますが、この場合の「質の高い」は小学校に上がるときに必要な集団生活などの基礎を作ることが目標です。

園の教育方針によってかなり違ってきますが、認定こども園の全てが英語教育などのいわゆる英才教育を施す施設ではないということは確かです。

 

認定こどもの種類

 

保育所は厚生労働省の管轄で、幼稚園は文科省が管轄であるということは広く知られていますが、認定こども園は内閣府が管轄です。

つまり、厚生労働省も文科省も関わっています。

また、一口に認定こども園と言っても、各園で特色が違います。大きく分けると、幼保連携型幼稚園型保育所型地方裁量型の4つに分かれます。

なぜ4つにも分かれているかというと、国が定めた基準を満たしているかどうかという法的観点があるからです。

では、この4つの中で国が推しているのはどれかというと幼保連携型です。

幼稚園型・保育園型は、今現在認可幼稚園・保育園として機能している施設が、預かり保育の時間を増やす等の施設の機能の拡充を講じることで認定こども園として認定されます。

 

保育所・幼稚園との違い

認定こども園が従来の保育園や幼稚園とどのように違うのかというと、主に3つポイントがあります。

① 保護者の働いている状況に関係なく、どの子どもでも教育・保育を一緒に受けられる。
② 保護者が失業したなど、就労状況が変わっても、継続して利用できる。
③ 子育て支援の場としても利用するので、通園してない子どもの交流の拠点としての役割を果たし、子育て相談や親子の交流の場に参加しやすくする。

認定こどものメリット・デメリット

加工後shutterstock_218870566

メリット

①認定こども園の保育園のから入所している場合、幼稚園に上がるときにも慣れ親しんだ友達や場所にそのまま通えるので、幼稚園生活にも馴染みやすくなります。

②保育園と幼稚園で世代の違う子がいることで、下の子を思いやる気持ちや上のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちを見てマネっこして遊んだりと異世代交流ができます。

③保育園と幼稚園で子どもの情報交換ができるので、幼稚園の早い時期から子どもの性格や発達に合わせた接し方や環境作りを先生がしやすくなり、子どもが快適に過ごせることも見込めます。

 

デメリット

①保育料が高額になりすぎないように、低所得世帯が不利にならないようにと私学助成などはありますが、私立と公立では保育料が3倍以上も違うというところもあります。

②親の実質的な問題点として、働いている親と専業主婦(夫)とでPTA活動や園行事に温度差が出るのではないかというも指摘されています。

③保育園の段階から認定こども園への入園を希望する場合、市町村に「保育を必要とする子ども」なのかどうかの申請をし、その申請を待って認定こども園に申し込みに行かなければいけないので従来   と変わらないかまたは手間になる。

 

まとめ

認定こども園はまだ制度がはじまったばかりで地域によっても違いがあり、問題点も多く指摘されています。

子供たちが楽しく、安心して通える園が1番の優先順位です。

園選びの参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 心身共に健康に!近年注目のキッズヨガとは
  2. 教育・家族
  3. プログラミングを学ぼう!プログラミングはなぜ必要?
  4. 今話題のモンテッソーリー教育とは?

ARCHIVE

PAGE TOP