3417333

子供の病気

今年も大流行の兆し!子どもの3大夏風邪の特徴と予防法は?

子どもたちがかかりやすい夏場の感染症に手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)があります。

この三つの病気を総称して「3大夏風邪」とも呼ばれ、保育園や幼稚園などではすでに流行しているところがあり、「たかが夏風邪」と思っていると、

重篤な合併症を起こしてしまう恐れもある ため注意が必要です。

ここではこれら3つの風邪の特徴と予防法について解説します。

 

3大夏風邪の特徴

感染症原因

 

手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱とも0〜5歳の乳幼児に多い病気で、例年7〜8月に流行のピークを迎えます。

病気ごとに原因となるウイルスは複数あって、同じウイルスへの感染は1度きりですが、また別のウイルスに感染する可能性があり、2回目以降は比較的軽くなる傾向にありますが、

ひと夏に何度も罹ってしまうことがあるのが特徴です。

また、いずれも予防接種も特効薬もないため、かかってしまったら対症療法が基本となります。

 

 

手足口病

手足口病は、名前の通り、手足や口の中などに2〜3mmの水疱(すいほう)ができます。

発熱する場合もありますが、38度以下の微熱にとどまる場合が多くまれに重い後遺症を残す髄膜炎や脳炎を引き起こすことがあるので、

ぐったりしていたり、頭痛や嘔吐(おうと)、高熱などが出たりした場合には注意が必要です。

 

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは38〜39度の高熱が出て、喉の奥に小さな水疱ができます。

原因ウイルスの一部は手足口病と同じで症状も似ていますが、ヘルパンギーナの場合、高熱が出るのと水疱が口の中に限られるのが特徴的です。

高熱による熱性けいれんや、まれに髄膜炎や心筋炎を起こすことがあるので注意が必要です。

 

アデノウイルス

咽頭結膜熱の原因となるアデノウイルスは三つの病気の中で発熱が最も高い傾向にあり、39〜40度になることもあります。

他に喉と目の症状が特徴で、主に喉の痛み、目の充血、目やにが多い、まぶしがる、涙が出るなどがあります。

別名「プール熱」とも呼ばれるように、プールの水を介して目の結膜からも感染する病気です。

アデノウイルスは現在67以上の型が報告されており、さまざまな病気の原因になっています。咽頭結膜熱の流行を起こすのはアデノウイルスの3型が多いといわれています

 

夏風邪予防法

医者

インフルエンザなどでは予防接種があり、かかっても症状を弱くすることができる、また感染を防ぐという手段が取れますが、3大夏風邪に予防薬などはありません。

家庭で感染症についての知識を持ち、出来る限りの予防策をとること、また疲労しないように生活環境を整える、食生活を考える必要があります。

手洗いやうがいをする習慣をつける

外出先から帰った時、トイレの後、食事の前には手洗い・うがいをする習慣をつけましょう。

トイレの後には、石鹸でよく洗い、タオルの共有はやめましょう。

子供の病気では、排便の処理を親がすることがあります。便からは長く菌が排出されるため、排便処理の後の手洗いを徹底しましょう。

 

充分な睡眠・バランスの良い食事をとりましょう

子供だけではなく、夏風邪は大人も罹る病気です。

大人の場合症状がひどく、長引くことが多いので注意が必要です。

風邪をひかない体力づくり、日ごろから充分な睡眠とバランスの良い食事をとり、免疫力をつけ、風邪を予防しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 転落・転倒で 子供 に多い肘の 骨折 その種類と対処法とは
  2. 子どもにおこる食物アレルギーについて。蕁麻疹の特徴と効果的な対処…
  3. 子供のヘルパンギーナ。喉が痛い時に食べやすい食事のレシピを紹介!…
  4. 水いぼの治療に困っていませんか?水いぼとは
  5. 水痘ワクチンはいつから接種すべき?効果から接種スケジュールまで詳…
  6. ヒアリ(火蟻)に注意!もし子供が刺されたら
  7. 梅雨明け後の暑い夏に要注意!熱中症の症状と対策
  8. 子供の感染症 溶連菌感染症ってなに?

ARCHIVE

PAGE TOP