3417333

子供の病気

ヒアリ(火蟻)に注意!もし子供が刺されたら

ヒアリはいままで日本では見つかっていませんでしたが、6月以降、茨木、東京、神奈川、愛知、兵庫、大阪で見つかっています。(平成29年7月18日現在)
ヒアリの多くは海外から運ばれてきたコンテナの中や、コンテナーを水揚げするコンテナヤードで見つかっています。外遊びがさかんになってくる夏休み。ヒアリ対策は何ができるでしょうか。
ここではヒアリの見分け方と、対策についておはなしします。

ヒアリの特徴

・体長は2.5㎜~6.0㎜ほどの赤茶色のアリです
・南米原産ですが、北米・中国・オーストラリアなどで定着しています
・土で大きなアリ塚を作り、集団で生活します
・攻撃性が強く、棒などで塚をつつくと、集団でワッとでてきて襲いかかります

見分け方

小さいため見分けるのは難しいですが、肉眼でわかる特徴もあります。
・赤っぽくツヤツヤしている(腹部の色は暗め)
・働きアリの大きさは2.5~6.0㎜。色々な大きさのアリが混じっている

黒いアリや2.5㎜以下の小さなアリ、6.0㎜以上の大きなアリはヒアリではない違う種類のアリであることが多いですが見た目で判断するのは難しいので、なるべく触れないようにしましょう。

刺された時の症状

加工後shutterstock_327441755

ヒアリであれば刺された時に熱い!と感じるような激しい痛みがあります。かゆみ、膿、腫れ、じんましん、アレルギー症状、重篤な場合はアナフィラキシー症状(呼吸困難・血圧低下・意識障害)を引き起こす可能性があります。

異変を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。小さい子供は症状が重篤になりやすいので注意しましょう。

刺されないための対策

・巣をつついたり、アリを触ったりした時に刺されることが多いようです。アリ塚をつつくなどの行為はやめましょう
・公園や野外で遊ぶときは肌の露出をさけましょう。暑い時期ですが、外遊びの時はサンダルや素足はさけ、靴下、靴を履きましょう
・虫よけスプレーはヒアリには効果がないといわれています。
・現れたアリを退治したい時に、アリ駆除用の殺虫剤は効果が確認されています。

アリの侵入を予防するため殺虫剤を家庭に用意しておきましょう。ベランダや窓のサッシの部分に拭きかけるのに使いやすいスプレータイプの殺虫剤は窓際の侵入対策にも便利です。

関連記事

  1. 子どもにおこる食物アレルギーについて。蕁麻疹の特徴と効果的な対処…
  2. 子供の感染症 溶連菌感染症ってなに?
  3. 夏風邪の代表!手足口病とは
  4. 水いぼの治療に困っていませんか?水いぼとは
  5. 梅雨明け後の暑い夏に要注意!熱中症の症状と対策
  6. ノロウイルスを知ろう!ノロウイルス感染と予防法とは
  7. 今年も大流行の兆し!子どもの3大夏風邪の特徴と予防法は?
  8. 水痘ワクチンはいつから接種すべき?効果から接種スケジュールまで詳…

ARCHIVE

PAGE TOP